きんちゃんの遊び場

このサイトはきんちゃん(金丸航大)が運営するサイトです。

きんちゃん日記

教習車から煙が出た件について

皆さん、こんにちは、こんばんは、おはようございます!

どうも、きんちゃんです!

今日は僕が教習所に免許をとりに行った時の話をしたいと思います。

今回は文章ばかりですがご了承ください。

それではまいりましょう!

時はさかのぼること、3年前・・・

きんちゃん少年は車の免許をとりに教習所に通いはじめたのである。

日々通う教習所ではなく、合宿で免許をとること決めたのであった。

少年は、これから起こる出来事をまだ知る由もなかったのである。

合宿1日目、車を運転するのに適しているのかをはかる、いわゆる適性検査を受けたのである。

問題は難しくなく、簡単な問題ばかりだ。

この検査は、状況判断力や自身の性格を調査するために行われるのである。

試験形式はペーパーテストである。

少年は問題なくこの検査を終えたのであった。

試験を終えて、自分の部屋で一息した後、検査の結果が発表された。

結果は自身の教習手帳に結果が書いてあるのだ。

少年は自分の手帳をみて・・・

顔をしかめた。

少年の手帳には「呼び出し」という言葉が書かれていたのである。

少年:「もしかして、検査の結果が1番よかったから呼び出しされるのかな?」などとのんきなことを考えていた。

少年は、教官室に向かう。

そして、教官から思わぬ報告を聞かされるのであった。

教官「君(きんちゃん少年)、適正検査の結果悪いから、運転するとき気を付けてね。」の言葉だった。

少年は一瞬、「えっ?!」ってなった。

詳しく聞いてみると、なんと検査の結果が最低ランクだったのである。

結果で1番いい成績なのが5A、次に4Aという感じに数字が高くて、アルファベット順が最初の方が良いという感じになっているのである。

いうまでもないが、少年の結果は1E。

ショックというか、泣きそうになった。

合宿1日目にして、メンタルをやられるきんちゃん少年。

果たして、少年は免許をとれるのであろうか・・・

次回につづく

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

では、また(^^)/


<<教習車から煙が出た件についてPART2トップページサイトランキングで1位になった件について>>